2017年2月13日月曜日

分娩の取り扱いについて

ホームページの冒頭でもお知らせしてしております通り、
今年の9月9日をもちまして
分娩の取り扱いを終了させていただくとになりました。

早速記事をご覧になった方々より
たくさんのコメントをいただき恐縮しております。

分娩の取り扱いはなくなりますが、妊婦健診は引き続き行って参ります。

尚、セミオープンシステムという制度を利用して当院にて妊婦健診を行い、
分娩は横須賀共済病院か後藤産婦人科医院でしていただくこともできます。
詳しい情報につきましては改めてホームページに掲載致します。

一日一日を大切に、誠意をもった関わりをしていきたいと
院長はじめスタッフ一同気持ちを引き締めております。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。


2017年1月30日月曜日

温暖な三浦の早春


間もなく始まる三浦海岸の桜まつりに向けて
線路沿いの河津桜の蕾が順調に膨らんできています。

空気の澄んだ青空に綺麗なピンクが映えます。

いよいよ節分、そして立春。
いっせいに木々がピンク色に染まり心弾む季節を迎えます。


2017年1月26日木曜日

苦笑い


何年かぶりに、気の緩みからか
不覚にもインフルエンザに罹ってしまいました。

周りのたくさんの方々に迷惑をかけながら
寝込んでいました。
普通の風邪とはやはり格段違った悪寒と
一気に上がる高熱、節々の痛さやだるさでした。
みなさんもお気をつけください。

結局、家事も主人に任せることになったわけですが・・・
朝いつもより早く起きて洗濯機を回して、
洗濯物を干して、ゴミ出しをして出勤。
悪いなと思いながら、
身体が動かずじっと寝ていました。

ようやく元気になってきたころ
ポツリと主人から聞いた話です。

『柔軟剤って一体いつ投入するの?』

っていう素朴な質問。

嫌な予感はしましたが
「投入口、わからなかった?」と
聞いたら知らない…と。

どうやら洗濯洗剤と柔軟剤をとりあえず洗濯機に
一気にジャーっと入れたらしいです(笑)


お里帰りでしばらくお家を空けられるママさんたちへ。

日頃、外で一生懸命働いてくださるご主人に、
優しく家事を少しずつ伝授してくださいね。

主婦の皆さんが毎日当たり前のようにこなしている事が
ご主人にとっては「??」だったりしますので
そこのところよろしくお願いします。




2017年1月5日木曜日

あけましておめでとうございます





皆様どんなお正月をおすごしでしたか?

子どものころ私は日本海側に住んでいましたので
テレビから流れてくる関東の青空が
うらやましくて仕方ありませんでした。

雪やあられの悪天候の中、
外に出ることもできず家の中でこたつに入り
カルタやトランプをしていた懐かしい記憶が蘇ります。

童謡にある
「お正月には凧あげてこまをまわして遊びましょう〜♬」
と歌いながら凧上げ?こままわし?羽根つき?と
冬に外で遊ぶなんて理解できませんでした・・・笑

まあ、今はゲームの時代ですので
あまりこんな光景も見ることがないのかもしれませんね。

お正月もあっという間に終わり、
なんだか非日常だった数日を経てようやく
またいつもの穏やかな日常になりつつあります。

今日から仕事始めです。
また気持ちも新たに頑張りたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



2016年12月24日土曜日

クリスマスそして年末



12月に入ったと思っていたら、
もうあっという間に月の後半になりました。

今年もたくさんの方との出会いがありました。
この絆は私にとって宝物です。

一緒に妊娠を喜び、出産に向けて心と身体の準備を整えていく
陣痛で苦しむそばに寄り添い、赤ちゃんの誕生を共に喜び合う
スムーズな育児がスタートできるための支援、
そして赤ちゃんと向き合い自信をもって育児していけるような退院後のフォロー

皆さんとの関わりを重ねる度、お互いに心を開き信頼関係を深めていきました。

新しい年もまたたくさんの方との出会いを楽しみにしております。

今年一年ありがとうございました。
どうかよい年をお迎えください。


2016年12月8日木曜日

案ずるより産むが易し


昔の人はいいことを言いましたね。

これだけハイテクになった時代でも、陣痛は痛くて辛いですし
不安や心配は尽きないと思います。

果たして自分は陣痛の痛みに耐えられるのだろうか?
出産を経験した人からいろんな経験談を耳にすると
ますます不安になることもありすよね。


先日お産された人でこんなことがありました。

とにかく陣痛が怖くて怖くて不安いっぱいで出産の時期を迎えていました。
顔は緊張感でいっぱい。
笑顔もなく健診に来るたび表情がこわばっていました。

陣痛の痛み → 怖い → 嫌だ → 不安 → より一層痛みを強く感じる → お産が長引く → 不安。。。
という悪循環に陥っていたのですね。

予定日をすぎていよいよ前駆陣痛がきて、何度か電話があり入院。
気持ちは悪循環のままでしたので、
前駆陣痛でさえ、かなりの痛みに感じていて取り乱していました。
この先、出産まで乗り切れるか本人だけでなく周りも心配していました。

『ここまできたらもう後戻りできない、どうにかこの痛みを乗り切って早く赤ちゃんに会いたい』
という切り替えのスイッチ

これがいいタイミングで入った途端、別人に変わりました。
今までマイナスなイメージを持っていたお産を
自分の中で前を向いて頑張るぞ!
という姿勢に切り替えられたのですね。

それから先は、最後の最後まで弱音も吐かず
元気な赤ちゃんを生むことができました。


出産を終えてお話を伺ったところ、
先生や助産師の関わりの中であるところから切り替えられた、
それまでの痛みは辛くて辛くて仕方なかったけれど
気持ちを切り替えてからの陣痛は今思えばさほどではなかった・・・とのことでした。

実際、陣痛は時間の経過とともに痛みが強くなっていくものですが
この人は前駆陣痛の時、つまり不安で仕方なかった時の方が
より痛かったと言ってらっしゃいました。

無事に出産して翌日部屋を訪れた時、
あまりに表情が明るく笑顔になっていて
思わず「いいお顔になりましたね」とつい本音をお伝えした次第です。
赤ちゃんのお世話を始めてからも日に日にお母さんの顔になり、
優しい声かけや関わりを垣間見るたびに
スタッフみんなが心から喜び、素敵な笑顔に癒されました。






2016年11月25日金曜日

11月に雪とは・・・


なんと11月の初雪は54年ぶりとのこと!
まだ私が生まれる前の話です。

そして、11月の積雪は観測史上初!

となるとすごい記録ですね。


びっくりした話の繋がりで・・・

昨年11月11日の1時11分にお産があったと記事に載せましたが、
今年はなんと11月22日に3344gの赤ちゃんが誕生しました。
まるまると太ったとても可愛らしい赤ちゃんでした♪

神様もたまに数字で遊ぶのでしょうか?