2017年5月22日月曜日

夫婦の絆


そわそわして、いてもたってもいられない
ご飯も喉を通らず、大好きなタバコを吸うのさえ忘れてしまっていたというご主人。

ある日の午後、奥さんからの連絡を受けて、
待ってました!とばかりに、汗をかきながら病院に駆けつけてくれたご主人は
まさに朝からなにも食べられず、お昼も抜きのまま奥さんの元へ駆けつけてくれました。

父になる時を今か今かとずっと待ち続けていた優しいご主人は、
時間を忘れて痛がる奥さんの腰をさすっていました。
血を見るのは苦手、奥さんの苦しそうな姿など今まで見たこともないそんな中、
我を忘れて付き添い、汗を拭いたり励ましたりしていました。

思っていたより陣痛が強くなりきれず、
分娩も思うように進まず、時間だけが過ぎていきました。
私たちは、この先いかに楽に短時間にストレスなく生める方策を
あれこれ考えていました。

そのかたわら、ただただ無心に妻を励まし汗を拭いていたご主人。
固く握りあった手は、妻とお腹の子の無事を祈る夫婦の絆で固く結ばれ、
とにかく前へ前へと進む勢いの強さを感じました。

陣痛の合間、時に意識が遠のきながらもご主人の声かけにハッと目を覚ます、
差し出された水を口に含んで我にかえる、

とかく初産のお産は、
たった数センチ頭が下がってくればすんなりうまれるところまで来ていても
そのわずかな距離を進むのに時間を要してしまうもの。

医学的に必要とあれば、薬を使ったり処置を適切に行いながら安全にお産へと導く中で、
ご主人の励ましやフォローは、それらでは補えない不思議な力を発揮してくれました。

「夫婦の絆」

きっと二人にしか知りえない不思議なパワーがみなぎる瞬間。
無事に赤ちゃんをその胸の上に迎えることができた二人は
この瞬間、素敵な父となりそして母となりました。



2017年5月12日金曜日

大学生の息子と話をしていた時のこと。

もう20年ほど前の話になりますが
当時通っていた幼稚園では肩から斜めに手拭き用のタオルをかけていました。

幼稚園に行きたくない病で、
息子は毎朝行きたくないと言っていたのを覚えています。

きっとかなり駄々をこねられた末の苦肉の策だったのでしょう。
私は息子にこう言ったそうです。
「この肩からかけているタオルをお母さんだと思ってね
そしてタオルをほっぺに当てるとお母さんに会えるよ・・・」と

息子はその言葉通り幼稚園に着いてバスから降りた途端、
そっとタオルをほっぺに当てたそうです。
お母さんに会えると信じて・・・
しかしお母さんは現れるわけもなく・・・

今となっては笑い話です。

でもそういう記憶は子どもの心に刻まれているのだとちょっと切なくなりました。

確かあの頃は、今休ませたら将来休み癖がついてしまうから・・・と
必死だったように思います。

年を重ねると、なんであんなに焦っていたんだろう?と思ってしまいます。

おむつはずしもそうですね。
時が来れば必ず外れるものなのですが
今がチャンスと頑張りすぎてしまって、そして失敗されるとカリカリしたり・・・
若かったころの自分に言いたいです。
もっと肩の力を抜いて楽にやっていいんだよ、と。

子育て真っ最中のママは、無我夢中で他の事が目に入らないこともしばしば。
勢いでできることもあると思いますが、夢中になりすぎて煮詰まってしまい、
戸惑ってしまうママも多いのではないでしょうか。

時に力を抜いて周りの目を気にしないで
お子さんとゆったり関わってみませんか?
新しい風が吹き込むかもしれませんよ。



2017年4月14日金曜日

涙ほろり


大好きなママのところに面会にきてニコニコ顔のお子さんたちも
帰る頃には玄関先で「ママ〜!!」と泣きながら病院を後にする姿をよく見かけます。

先日、帝王切開でご出産されたママのところに
四年生と一年生のお子さんがパパと一緒に面会に来て
ガラス越しに赤ちゃんを見ていました。

ママはまだ術後間もなくて痛みがあるため
赤ちゃんだけ見てすぐに帰るつもりだったようです。

とても可愛い兄弟だったので
ついつい「ママに会っていく?」と聞くと
嬉しそうにジャンプする無邪気な一年生の弟くん。
はにかみながら遠慮がちにハイと応える四年生のお兄ちゃん。

しばらくして、面会を終えて帰ろうとしているご家族に廊下ですれ違いました。

弟くんはママに会えて満足そうに笑顔でした。
一方四年生のお兄ちゃんは、いつもと違うママの姿を目の当たりにして
何か思うところがあったのでしょうか、
それともママに会えて我慢していた想いが一気に溢れたのでしょうか、
目にいっぱいの涙をためてうつむく姿がなんともけなげでした。

大好きなママへの気持ち・・・
素直なお子さんたちそれぞれの想いが痛いほど伝わってきて、
ついもらい泣きをしてしまいました。

何歳になってもママは家の中を照らし
そして心の中を温かくしてくれる太陽なのですね。



<熊本城> 

2017年4月7日金曜日

桜の季節


ソメイヨシノが満開になりました。
新学期も始まり新しいスタートの時期ですね。
吹く風も心地よく陽射しもかなり春らしくなりました。

気持ちも新たに一日一日を大切に
仕事に取り組んでいきたいと思います。



2017年3月21日火曜日

ドラマティックなシンデレラ


年度の変わるこの時期、
予定日近い妊婦さん達はいつ生まれるのか
ハラハラドキドキされていることでしょう。
一日違いで学年が変わる・・・となると
あれこれ考えてしまいますよね。
この時期は一喜一憂される方も多いのではないでしょうか?

さて先日、今日が予定日!という日の夕方に陣痛が始まり
入院された産婦さんがいらっしゃいました。

順調にお産は進んで、なんと23時59分50秒に
元気な赤ちゃんを出産しました!

赤ちゃんはどうしても予定日を選んで生まれてきたかったのかもしれませんね。


2017年3月6日月曜日

記録より思い出づくりがコンセプトの三浦国際マラソン


冷たい雨やみぞれが降ったり小雪の舞うような・・
とにかく毎年悪天候が恒例の三浦国際マラソンですが、
今年は晴天に恵まれ、陽射しが眩しく
ポカポカの中の開催となりました。

遠方から大勢の方々が参加した今回のマラソンは
今年で35回になるそうです。

当院からは院長先生、院長の娘さん、
そして石田助産師がハーフに参加しました。



温かな陽光の中、額に汗をにじませ
タッタッタッタッと快い音を放って走っていました。
たまに被り物の仮装をしている人もちらほら見られました。
今年はQちゃんこと高橋尚子さんが
招待選手で来られていたみたいです。

このマラソンが終わるといよいよ春って気がします。
選手の皆様、お疲れ様でした。


2017年3月2日木曜日

弥生 三月


菜の花が咲き乱れ、
春の日差しが感じられる季節になりました。

お産をされたママたちお元気でしょうか?

退院してお家に帰られたあと、
ご実家のお母様やご主人にサポートしていただきながら
不安な気持ちでスタートする子育て・・・
不安な気持ちはみんな一緒です。

泣いている赤ちゃんを見て
「赤ちゃんの心が読み取れたらなんでも応えてあげられるのに・・」と
じれったい気持ちにもなりますよね。

赤ちゃんが何をやっても泣き止まない・・・
これは本当によくあります。

「何をして欲しくて泣いてるの?」
そんな経験を何度もされるでしょう。

そんな時にはまずは赤ちゃんを抱っこしてみてください 。
それだけで泣き止むこともありますよ。

お腹が空いているのかもしれませんし
オムツが汚れているのかもしれません。
時にはゲップが出せずに苦しいこともあります。
お部屋が暑すぎたり寒すぎたりしていませんか?
どこかが痒かったり、痛いこともあるかもしれません。

あれこれ考えてやってみてそれでも尚、泣き止まないこともあります。
結局何だったのかわからないまま泣き疲れて寝てしまうこともあります。
何事もなかったようにそのあと元気なら心配いりません。

子育てってそんな繰り返しだと思います。
決してパーフェクトにこなそうとしなくていいですよ。
あれこれやってみてようやくわかることがあったり、
結局何だったのかわからず仕舞いのこともあります。

優しく声をかけてあげたり抱っこしてあげる、
肌をさすってあげたりトントンしてあげる、
そんな優しい関わりが赤ちゃんとの
コミュニケーションとなり通じ合えていくのです。
ママの温かなぬくもりが
赤ちゃんとの絆をより深めていくことでしょう。

些細なことでも構いません。
何か心配な事や聞いてほしいことなどありましたら遠慮なくご相談ください。
ママたちがいつも笑顔で居られるように力になれたら嬉しいです。