2018年4月19日木曜日

小さな小さなお母さん

健診にいつもついて来て、聞き分けのある二歳の女の子。
お家での様子を聞いたところ
やはりお手伝いをよくしてくれている、との事でした。
今日はそのママから聞いたエピソードをご紹介します。

ある日、ママが赤ちゃんと二歳のこの姉ちゃんをお風呂に入れおわって
最後自分の身体を洗っている間の出来事です。

先に上がった赤ちゃんが、リビングで大泣きしている声が聞こえてきたそうです。
ママは温まるのもそこそこにお風呂から上がる準備を始めました。

大泣きしていた赤ちゃん・・・
見るに見かねた二歳のお姉ちゃんのとった行動、
ママが大急ぎで上がって来て見た光景は・・・

踏み台を持ってきてキッチンのシンクに背伸びして立ち、
せっせとミルクを作っていたそうです。

しかし・・・そこはご愛嬌。
哺乳瓶にお湯ではなく、冷たい水道水を入れて
ミルクの粉を溶かしていたそうです。

なんともなんともびっくりしました!とママ。

妹が大泣きしているのをなんとかしなきゃ!と思うけなげさ、
ママの日頃の行動を見よう見まねでやろうとする行動力
わずか二歳ですごいな〜と思いました。

今はさらに下に妹が生まれ、二人のお姉ちゃんになりました。
ますますママの右腕として大活躍しているのではないでしょうか?!



2018年4月3日火曜日

四月

淡いピンクのソメイヨシノもあっという間に満開になり
いよいよ入学、入社シーズン。
新しい出会い、新しい生活がスタートしますね。




この時期、心も身体もちょっと無理をしすぎて
体調を崩す人もいます。

知らぬ間に、疲れやストレスが蓄積して
例えば生理不順や不正出血などを起こすこともよくあります。

そんな時には遠慮せず、是非来院してご相談くださいね。


2018年3月15日木曜日

予防接種のご確認を!

「うっかり忘れてました」
と、駆け込んで来られる方がいらっしゃいます。 
今一度、お子さんの母子手帳をご確認ください。

年長さんのMRワクチンの2回目は3月31日が期限です。
それ以降は有料になりますのでご注意下さい。


尚、日本脳炎はトータル4回接種することになっています。
3歳に2回、4歳に1回、9~13歳(標準年齢9歳)となっています。
ご確認ください。


また、ポリオの生ワクチンから不活化ポリオ、四種混合へ移行した時期、
2011(平成23)年~2012(平成24)年生まれのお子さんを持つお母さんへ。

移行期に打ち忘れていたり回数が不足している場合がよくあります。
もしご心配でしたら、母子手帳をお持ちいただいてご相談下さい。



2018年3月9日金曜日

卒業 旅立ちの季節


三月に入って急に気温の高く春みたいな日があったり
冬に逆戻りしたような寒い日があったり…とまさに三寒四温の今日この頃です。

三月は卒業式のシーズンです。
卒業される皆さん、そして卒業のお子さんを持つご家族は
今までの時間を振り返って、さぞ感慨深いことでしょう。

四月から新しく学校に入る人、就職される人、
新しい環境に身を置くと、ストレスがかかることが多くなります。

それに伴って、体調を崩したり
ホルモンのバランスの乱れから、生理が不順になることも多々あります。

こんな事で相談してもいいのかしら?など
一人で悩んでいないで些細なことでも構いません、
是非、ご自分の身体や心が健康でいられるように
ご相談にいらしてください。


2018年3月1日木曜日

ベビーマッサージ教室


先日のオリンピックでの日本選手の活躍、素晴らしかったですね!
何度見ても感動します。

今回のおねんねアートは、
そんなオリンピック選手にあやかってスケートリンクを表現してみました。


3人ともスケートリンクへ立ち、スケート靴履いて、同じ方向を向いて、金メダル!

まさに『パシュート』そのものですね!

さあ、3人はこれからどんな旅に出発するのでしょうか(^ ^)

優しい子に育ってほしい
挨拶が出来る子に育ってほしい
いつも幸せが感じられる子に育ってほしい

ママからの沢山の愛情をエネルギーにして、
これからもスクスクと成長してくれる事でしょう!


2018年2月22日木曜日

桜満開

三浦海岸駅から三崎口にかけての線路沿いに
河津桜が満開になり見ごろを迎えています。
夜はライトアップもされてとても綺麗です。

近くに住んでいると、
ゆっくり見ることもなかったのですが
先日、観光客に混じって小松が池や線路沿いを
ゆっくり散歩してみました。

この時期には見ることのない濃いピンク、
そして菜の花の黄色と葉っぱの黄緑が春の訪れを感じさせてくれました。


皆様も是非散策してみてくださいね。


2018年2月15日木曜日

幼児との関わりの中で感じる事


二、三ヶ月前から、婦人科の診察にお子さんを連れて
通ってくださっている方がいます。

通い始めた頃はまだお子さんは二歳前でしたので
お母さんから離れると不安になり
ずっとお母さんの後ろにくっついている状態でした。

こちらから声をかけても、すぐにお母さんの陰に隠れてしまい
余計不安そうになることがしばしばでした。

何ヶ月か経った頃、お子さんも医院の雰囲気に慣れたのか
いつの間にか、お母さんから離れて待てるようになってきました。

最近では、一人でおもちゃや絵本を見ながら
お母さんの診察が終わるのを待っていられる様になりました。

言葉も初めの頃はまだ、たどたどしい片言でしたが、
ここのところ、お話もとても上手になり、単語もはっきりしてきました。

お母さんにそれを伝えると
「そうなんです、ここ最近になって急に色々お話ができる様になり
私もびっくりしてるんですよ」
とニコニコ話してくださいました。

乳幼児の身体と心の成長は急成長する時期があったり、
ゆっくりのペースになったり波があります。

そして性別や育った環境によってとても個人差があります。

ゆったり広い心で成長を見守ってあげるって大事な事ですね。